コミュニケーション能力向上には雑談力が必須!

 

めーちゃん

わたし、人と会話するの苦手なの。何を話したらいいかわからなくて・・・。

 

かず

めーちゃん!大丈夫だよ!めーちゃんはきっと自分は人見知りだから人とうまく会話できないって思ってるよね?

 

めーちゃん

え!?うん!そうなの!!

 

かず

でもね、人見知りだから会話できないんじゃないんだよ。

会話することに自信がないから人見知りだと思いこんでるだけなんだ。

 

それはつまりね、会話がうまくできるようになって自信がつけば自然と人見知りは治るってこと。

 

めーちゃん

え~!!ほんとっ!?

(ビックリ!人見知り治したい!治したすぎる・・・)

 

かず

めーちゃん。君は雑談力って知ってる?

 

めーちゃん

雑談力?なんだろ?うまく話せることかな?

 

 

かず

残念!

雑談力っていうのは雑談をして相手とコミュニケーションをすることで距離を縮める力のことだよ。

重要なのは「話すこと」がメインじゃなくて、「コミュニケーションをとって距離を縮めること」がメインだということ。

 

だから、「上手に話すこと」じゃないんだ。それが求められるのは「トーク術」だね。

ちなみにトーク術っていうのは先生やセミナー講師みたいな大勢の人の前で話す人に必要な能力だよ。

 

めーちゃん

雑談力とトーク術の違いはわかったけどどうして雑談力が必要なの?

 

かず

めーちゃんは会話が苦手って言ってたけど、雑談はうまく話す必要がないんだ。口下手でも大丈夫。

そのくせ、相手との距離をグッと近づける特性がある。

雑談力さえあれば、仕事も恋愛も友達もあらゆる人間関係が上手くいくようになるよ!自信もつくしね!!

だから人間ならみんな必須のスキルなんだよ。

 

めーちゃん

雑談力すごすぎる!!!

 

かず

めーちゃんみたいに会話が苦手だなって思っている人には最優先で手に入れてもらいたいスキルなんだ。

 

しかもね、トーク術は獲得するのが難しいスキルなのに対して雑談は難しくない。誰にだってできる。

だって雑談だよ。

 

 

「今日はいい天気ですね。」

「そうですね!洗濯物がよく乾いて助かるわ~。」

 

かず

雑談の内容なんてこんなもの。雑談なんて内容のない会話だなって思うでしょ。

そう、雑談は無駄話なんだ。だから誰にでもできる。でも、雑談を続けるにはちょっとコツがいるんだ。

 

めーちゃん

そう言われれば確かに雑談なんて内容のない会話だよね。

早く雑談力の上げ方を教えて!

 

ふーくん

ぼくも知りたい!(実はずっといた。)

 

かず

よし!

たくさんの雑談・コミュニケーションの本を読んで人見知りを克服したぼくがそのコツをこれから教えていくよ!

 

雑談力で人見知りは治る

教えていく前にもう少しだけ。

かず

あなたは人見知りですか?

「初対面の人となにを話したらいいのかわからない」という経験をしたことはありませんか?

 

雑談力のない人はほとんど人見知りです。だって話すことに自信がないから。

 

「知らない人、上司、取引先、お客さん、誰とでも楽しく話せる」そんな人、あなたの周りにもいますよね。羨ましいなと思うでしょう。

ぼくもそうでした。雑談力を手に入れるまでは。

 

誰とでも楽しく話せる人というのは必ず雑談力の高い人です。

 

「人見知りを先に治さないと話せるようにはならないよ…」そう思っているあなた。大丈夫です。雑談力が付けば人と話すことに自信を持てるようになります。人見知りも治ります。

 

 

そもそも、人見知りだから話せないんじゃないですよ!話すことに自信がないから人見知りになるんです。

人見知り→話せない ×

話せない→人見知り ○

 

誰とでも話せる人は話すことに不安がないから人見知りじゃないんです。

 

あなたも雑談力を手に入れて誰とでも楽しく話せる人になりましょう!

まずは雑談を理解する

友達とはそれなりに会話できるけど知らない人や上司が相手になった途端話せなくなる人がいます。

こういう人たちは挨拶をしたり仕事の用件を伝えることはできるんです。でも、会話が弾まない。

僕も上司に「君、つまらんな」って言われたことがあります。よく会話をフッてくれる上司でした。「昨日は○○をした。こないだ△△へ行ってきた。」そういうことを話してくれました。

 

でも、その時のぼくの心の声は

かず

知らんがな。

です。

冷たいですよね。今思えば悪いことをしたなと思います。

 

でも、当時はどう返したらいいかわからなかったんですよね。

「そうなんですかー。」って流すことしかできませんでした。

ひどい時は「はい。」しか言わないことも多かったです。「君はイエスマンか!」って突っ込まれたことがあります。笑

 

 

コミュニケーションが苦手な人の典型的なパターンですね。会話を膨らますことができないって。むしろ膨らまそうとすらしていませんでした。

あなたも同じような経験をしたことがありませんか?

 

 

なにか伝えないといけない会話というのは「する必要のある会話」といえます。

でも、雑談って「別にする必要ないよね。意味ないよね。無駄話だよね。」ってとらえている人も多いと思います。ぼくも無意識にそうとらえていたのかもしれません。

 

「する必要のある会話」はなにかを伝えるという役目があります。

対して雑談にはなんの役目もないんでしょうか。

 

それは間違いです。

雑談にはコミュニケーションという役割があります。コミュニケーションを取る上で雑談は必要不可欠です。

 

友達や家族、仲のいい人との会話を思い出してみてください。圧倒的に雑談のほうが多いですよね。

つまり、雑談は無駄話ではあるけれど必要のない会話ではないということです。

 

雑談をすることには価値があります。

雑談をしない人はコミュニケーションを取ることを拒否しているのと同じです。だから、ぼくみたいにつまらないと思われてしまうんです。

雑談で心の距離を近づける

「自分からは話しかけられないけど、相手から話しかけてくれたら話しやすい。」

 

これはどうしてでしょう。

話しかけることは「大丈夫ですよ。わたしはあなたのこと嫌いじゃないよ。」って言ってるようなもの。

だから、安心感が増して心の距離が近くなるんですね。

 

逆に全く話しかけてくれない人がいた場合。

あの人私のこと嫌いなのかな?って不安になりますよね。

 

もしあなたが人に会話をフレないのだとしたら相手に不安な思いをさせているんです。

 

コミュニケーション能力の高い人は相手が話しかけてくれなくて不安なままいるのが嫌なんです。

だから、「いっそ自分から話しかけてしまえ!」って感じ。

 

あなたもいつかは話しかけられるようにならないといけませんよ。

とはいえ、いきなりは難しいですよね。まずは会話を膨らますことを優先させましょう!

 

今回はここまで!

かず

ここまでで、雑談力の必要性がわかったよね?(心配・・・)。

 

大丈夫!

めーちゃん

大丈夫!雑談はコミュニケーションをとって相手と仲良くなるためにするんだよね!

 

かず

大正解!!!(よかったぁ!)

 

ふーくん

早く雑談力を上げる方法を知りたいな!(セカセカ)

 

かず

じゃあ次に進もう!

(長くなるので次の記事で本題の雑談力が上がる方法を紹介していきます。)

口下手でも簡単!聞き上手に変身して雑談力を極めよう!おすすめ!