会社を辞めたい?人間関係辛い?好きなことを仕事にする人増えてるよ。

 

ぼくは会社を辞めました。

毎日朝からギュウギュウの満員電車に乗って出社する必要がなくなりました。上司や取引先とのわずらわしい人間関係からも開放されました。そして、残業からも開放されました。

何1つ後悔なんてしていません。

辞めてよかったと思っています。

 

知っていますか?会社を辞めて自分の好きなことを仕事にする人が増えているんですよ。

つまり、会社に依存せず自分の力で稼ぐ人が増えているんです。

 

「好きなことをしながら生きる」それだけで心が明るくなって楽しい毎日になりますよ。

 

 

 

「仕事や会社での人間関係が辛くて辞めたい」ぼくと同じ若者へ

「仕事や会社での人間関係が辛くて辞めたい」ぼくと同じ若者へ

 

今日本では働き方に悩んでる人がたくさんいます。

特に若者を中心に。

 

そんなこと今に始まったことじゃあないのかもしれません。

ずっと前から、ぼくたちが生まれる前から苦しんでいた人はいたのかもしれないですね。

 

でも、昔の人達は仕事を辞めなかった。働き続けた。他に選択肢がなかったからです。

 

会社を辞めることを否定する中高年世代の人達

会社を辞めることを否定する中高年世代の人達

働かないと生きていけない。起業なんてできるのは才能を持った極一部の人間だ。とてもそんなリスク背負えない。俺には無理だ。それに、周りの皆もそうやって生きている。だから、間違っていないんだ。

そうやって働き続けてきた人たちが今の中高年の人達でもあります。

 

ぼくたちの世代はなにかとゆとり世代だのなんだの言われてますよね。中高年の人達の多くは自分たちが耐えてきたことから逃げ出そうとする若者を認めることができないんです。

 

それを認めてしまったら自分たちがしてきたことを否定することになってしまうから。

 

自分らしく生きることを否定する中高年世代の押しつけ

自分らしく生きることを否定する中高年世代の押しつけ

本当は中高年の人達も気付いているんです。「本当はもっと自分らしく生きたかった。でも、できなかったんだ」ってことに。

だからぼくたち世代の「甘さ」に対する批判はある意味「押し付け」です。

 

俺達の世代は皆そうしてきたんだ。(本当はもっと自由に生きたかったけど)それが正しいんだ。だからお前もそうしろ。

そう言っているんです。

 

ふざけんな!って思いません?

自分ができなかったことを棚に上げて同じように生きろって言ってるんですよ。

 

でも実際のところ、「経験ある中高年の方々がそう言うんなら無理なんだろうな」って思って、自分らしく生きることを諦めてしまう人も少なくないと思うんです。

実際に小さい頃から親に「将来は安定した仕事に就きなさい。公務員になりなさい。」って言われ続けていたとしたら、それが正しいんだと思ってしまう。

 

そうやって押し付けに負けるなんて悔しいことですよね。

 

好きなことを仕事にする事ができるぼく達の時代

好きなことを仕事にする事ができるぼく達の時代

ぼく達は小さい頃から自分らしく生きることを抑えられて生きてきました。

それが学校という環境です。学校では集団行動が基本ですよね。人と違うことをしたら怒られたり冷たい目で見られたりいじめられたり。周りと同じように合わせて生きないといけない。これが、「自分らしさ」を殺してしまう。

 

ぼく自信、周りの人を見ていて思うことがあります。

 夢がない。将来したいことがない。そんな人が多すぎる。

なんとなく大学行ってなんとなく就職して。周りはそんな人ばっかりでした。

 

なにが楽しいんだろう?って思ってました。

でも、向こうからすれば「あいつなにを必死にがんばってんねん。」って思われてたと思います。

 

自分らしく生きようとする人はまだまだ少数派です。

だからって多数派に流されてたんじゃいつまでも苦しいままですよ。

 

少なくともぼくたちが生きる今の日本は中高年の人達の時代とは大きく違うことがあります。

ぼくたちの時代の方が遥かに自分らしく生きやすい。

これは間違いない。断言できます。

 

好きなことを仕事にする人が増えている

好きなことを仕事にする人が増えている

世界を見渡してみてください。

ここ数年でブロガーやユーチューバーやらといった個人がどんどん活躍するようになりました。

他にもたくさんいますよ。イラストレーターやプログラマーの人が個人で仕事をしていたり、自分のお店をオープンさせたり。

 

会社に依存せずに自分の力で働く人たちが増えています。

自分の好きなことを活かして自分らしく生きています。

 

これからも間違いなく増えていくでしょう。10年後にはそれが当たり前になっているかもしれません。

 

個人の力が大きくなった

個人の力が大きくなった

これを大きく後押ししているのがSNSです。

今では「SNSがきっかけで芸能界入り」なんてことも珍しくないですよね。

SNSが現れたことによって個人が世界に向けて発信することが簡単になりました。

要するに昔に比べて個人の力が圧倒的に大きくなったんです。

 

それでも、会社に依存してなにも行動を起こさなかったらあなた個人の力なんてないも同然です。

やった人にだけその力が宿る可能性があるんです。

 

会社を辞めるリスク・起業するリスクが減った

会社を辞めるリスク・起業するリスクが減った

それからもう一つ昔と変わったことがあります。昔に比べてリスクを減らせるということです。

 

散々SNSの話をしてきましたけど、SNSであなたのファンを作ることができたならあなたは会社を辞める前、もしくは起業する前から集客ができている状態です。

起業してもっとも失敗する原因はお客さんが集まらないことなんですよ。

 

自分の商品や能力を買ってくれるお客さんがいないことにはビジネスは始まりません。大金をかけてお店をオープンさせてもお客さんが集まらなくて借金まみれということもあります。

でも、オープンする前からファンがいたならオープン当日に沢山のファンが来てくれるでしょう。

 

しかも、ファンっていうのはそこらの知らないお客さんよりも遥かにいいお客さんです。だってあなたのことが好きだからファンなんです。リピートしてくれる可能性や口コミをしてくれる可能性がかなり高いです。

 

人間関係を選べるようになる

人間関係を選べるようになる

好きなことを仕事にするようになると人間関係もある程度自分で選ぶことができるようになります。

会社にいるとどうしてもいつも同じ人と仕事するのが当たり前で、それが尊敬できないような上司だったら最悪ですよね。

 

仕事の仕方にもよるんですけど、そんなわずらわしさからは開放されます。自分が一緒に仕事したいと思える人と仕事をすることができるし、いっさいリアルでは人と関わらずに仕事することもできないことはないです。

 

 

 

会社を辞めたぼくが経験した挫折

会社を辞めたぼくが経験した挫折

ここまでの話で会社を辞めて自由に生きるためにSNSやファンが重要だということはわかってもらえたはずです。

 

そうはいってもファンを作るのは難しいんじゃない?って思った人もいるでしょう。

 

その通りです。難しいです。特にマジメな人は難しい。

マジメな人って個性がないんですよ。普通すぎてネットの世界では全く目立ちません。めっちゃ地味です。アリ以下です。

 

芸人さんでもそうでしょう。コンビの中でもマジメな人は「じゃない方芸人」だなんて呼ばれてたりしますよね。たぶん2人ともマジメだったら売れてないと思うんです。最低どっちかが頭のネジ1本ぐらいどっかいってる方がいいんです。

 

 

だって当然ですよね。ファンを作るってことはそれだけ多くの人の前に立つということです。テレビに出るよりは遥かにハードル低いとは思いますけどね。

 

人前に立ってあなた自身を発信していかないとファンなんて作れやしません。

 

 

でも、ファンを作れたならそれはあなたにとってとても大きな、いや、とてつもなく大きな存在になりますよ。

 

頭のネジぐらい捨てる価値があります。

 

クソマジメなかずはる

クソマジメなかずはる

マジメでもがんばったらなんとかなるんじゃない?って思った人もいるでしょう。

散々言っておいてなんですけど、ぼくはクソマジメです。

友達から下ネタをフラれて応じずノリが悪いと言われることもよくありました。人前でふざけるのが苦手で周りの目ばかり気にしていました。

 

少なくともマジメだったぼくは失敗しました。5年かけてなに1つ成し遂げられませんでした。

 

自由に生きようとしたかずはるの失敗

会社を辞めたかずはるの失敗

そんなぼくが起業を考えたのは中学の頃でした。まぁ実際に収入を得るために活動しだしたのは5年ほど前になります。アプリ作ったりwebシステム作ったりブログ(このブログじゃない)書いたりいろいろしてきました。

 

でも、どれもうまくいかなかったです。自分を発信してこなかったから。なんせぼくは自分を発信する勇気がなかった。

 

そんなぼくを応援してくれる人なんて少なくともネット上にはいなかったです。どれだけがんばっても存在しないのと一緒でした。

ブログで言うと自分の考えなんて一切書かずに、ただ淡々と方法を紹介するような記事を書いていました。そんなブログにファンが付くわけ無いですよね。

 

自由に生きようとしたかずはるの失敗から学んだこと

自由に生きようとしたかずはるの失敗から学んだこと

ぼくはこれまでさんざん失敗してきてこのままじゃダメだと思い自分を見つめ直したんです。

本当にしたいことは何か、自分らしくって何なのか。もうそれはそれは考えまくりました。

 

気づいた人もいるかもしれませんね。そんなもの考えて導き出すものじゃないんです。自分が今までしてきた経験や感じたことの中に答えがあります。過去を振り返ってみれば、答えはすぐに見つかりました。

 

ぼくは今まで会社に依存せず個人で楽しく生きていくためにお金を稼ごうと努力してきました。辛い思いをしながらがんばってきました。

これが間違っていたんですよ。ぼくは元々「自分らしく生きたい」から個人で働くことを決めたはず。辛い思いをしながらがんばってる時点で自分らしくないですね。

 

要は間違った努力をしてきたということです。自分で苦しい道を選んでいたんです。

 

そこでぼくは改めて「自分らしく生きよう」と決意しました。

周りの目なんか気にしてる場合じゃない。周りを気にして自分を押さえ込んで生きていたらつまらない。

そう思ったらなんか吹っ切れたんですよね。

 

だからこのブログにはぼくの想いをありったけ込めることにしました。

このブログにはぼくの考えを本心でしっかり書いています。

 

 

伝わってますか!?

 

 

ぼくの失敗話を聞いて少しやる気が下がってしまったかもしれませんね。

 

どれだけ努力しても間違った努力の仕方をすると失敗します。

ぼくは稼ぐために必死になって自分にできそうなことをがんばってきただけでした。だから、なにも楽しくなかったし辛かったんです。

 

自由に生きようとしたかずはるが考える成功の絶対条件

自由に生きようとしたかずはるが考える成功の絶対条件

成功するための絶対条件が1つだけあります。

 

 

 

好きなことをとことんすること

 

それだけです。

 

 

好きなことをするその熱量は確実に周りに影響を与えます。好きなことをするあなたを発信していけばより多くの人にその影響を与えることができます。

 

影響を受けた人たちは次第にあなたのファンになっていきます。自然とファンは増えていくということです。

イヤイヤやってれば熱量がないことは見た人には筒抜けです。そんな人にファンはつきません。

 

好きなことを仕事にするのに発信することは必須?

好きなことを仕事にするのに発信することは必須?

こんなことをいうと「発信すること」も成功するための絶対条件なんじゃないのかと思う人もいると思うんです。

発信すればより効率がいいというだけのことです。発信しなくてもあなたの周りの人には伝わるでしょう。例えばリアルな友達とかですね。

お店をオープンした時に友達を招待するというのはよく聞く話です。

 

発信することは必須ではありません。

でも、今の時代に生きる以上発信しないことはめっちゃ損ですよって話です。

 

 

好きなこと

好きなこと

好きなことが見つかっていないなら最優先で見つけるべきです。

 

好きでもないことを一生懸命努力していても遠回りになる可能性が高いから。そんな情熱を注げないようなことで成功する可能性なんて低いんですよ。まぁ、やってるうちに好きになるというパターンもたまにありますけどね!

 

好きなことの見つけ方。あなたらしく人生を輝かせてみようよ? 好きなことの見つけ方。あなたらしく人生を輝かせてみようよ? 好きなことの見つけ方。あなたらしく人生を輝かせてみようよ?

 

ぼくも好きなことがないままがんばったから遠回りでした。遠回りしたけど結果として好きなことを見つけられたから後悔はしてませんけどね。

 

ぼくの好きなこと?

自分らしく生きることです!

 

それ好きなこと?って思ったでしょ!笑

ぼくにとっては好きなことです。自分らしく生きるためにこうやってブログを書くのも勉強するのも楽しいですよ!前と違って好きなことをしているからなにも辛くないんですよ!マイペースに自分らしく生きれてます。

 

 

 

好きなことを仕事にできる時代

好きなことを仕事にできる時代

あなたには好きなことがありますか?

なんでもいいです。

趣味でも、友達と遊ぶことでも。

 

好きなことって楽しいんですよね。好きなことを仕事にできたら最高です。

もちろん楽しいことばかりではないですよ。

 

でもね、好きなことは嫌いなことと違って困難なことがあっても苦しくないはずです。

それに自分からどんどん挑戦しますよね。だから成長しやすいしそれを仕事にできたなら成功しやすいのはいうまでもありません。

 

こういう話をすると上述したように、「仕事で苦労するのは当たり前」とか「仕事を楽しもうなんて間違ってる」とか言う人が出てきます。

そんな考えは古いです。そんな古い考え方を押し付けてくる人たちに惑わせれて苦しみ続けるなんて損ですよ。

 

大丈夫。

 

ブログやSNSを使ってあなたの好きなことや考えを発信しましょう!

 

次第にあなたと同じことが好きな人やあなたの考えに共感した人達はいつもブログやSNSを見てくれるようになります。

つまり「ファン」ですね!

 

ファンに愛されて好きなことを仕事にする

ファンに愛されて好きなことを仕事にする

今の時代はネットが発達し芸能人でなくてもファンを作れる時代になりました。散々説明してきたけど加えて説明するとお金をかけずともお客さんを集めることができるということです。

 

しかもお金をかけて広告を出してお客さんを集めるよりも非常に利点が多いです。広告の場合お金がかかる上に一時的なお客さんです。

だって、たまたま広告を見て来てくれただけですよね。

 

でも、ファンの場合はモノを売ろうとする前から既にあなたとの信頼関係を築けている状態です。

 

あなたはモノを買う時、知らない人と好きな人どちらから買いますか?

間違いなく好きな人でしょう。

 

ファンを作るとあなたは会社に依存することなく好きなことでお金を稼げるようになります。

 

「収入が安定しないんじゃないの?」って不安になる人もいると思います。確かにすぐに稼げるとは限りません。

 

 

ただ、今のまま好きでもない仕事を続けるのは苦しくないですか?自分の好きなことをして「笑顔」で楽しく仕事ができる方が絶対に幸せです。

 

 

 

好きなことを仕事にしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

かず

ふぅ!想い、出しきったぞーーー!!!!!!

 

めーちゃん

おつかれさま!

ふーくん

熱量がすごいね!

 

かず

ありがとう!めーちゃん、ふーくん。

そりゃあ数年分の想いを込めたからね!笑

ちゃんと伝わってるかな?

 

ふーくん

伝わるといいね!

めーちゃん

苦しんでる人を1人でも救えたら嬉しいね。

 

かず

そうだねぇ♪

ふーくんとめーちゃんにはちゃんと伝わった?

 

ふーくん

  • 自分らしく生きようとすると批判してくる人たちがいるけど流されちゃダメ。
  • 仕事を辞めて自分の力で働く人が増えている。
  • SNSやネットが発達したことで個人が活躍しやすくなった。
  • 頭のネジの1本2本捨てるぐらいの覚悟がないと難しい。
  • でも、捨てる価値はある。

めーちゃん

  • 好きなことをとことんやればその熱意は周りの人に影響してファンになってもらえる。
  • 発信することでより多くの人にその影響を与えることができる。
  • 好きなことを仕事にすれば笑顔で楽しく仕事ができる。

 

かず

す、すごい。・・・完璧だ。

 

【幸せになりたいあなたへ】人生を豊かにする仕事とお金と趣味の話。 自分の価値を高める方法!あなたの価値はどれぐらい? 好きなことを仕事にする 働きたくない人の【好きなことを仕事にする方法】