卒乳・断乳の時期はいつ?

卒乳の時期はいつ?

 

卒乳や断乳のタイミングはそれぞれの赤ちゃんや家庭の環境によってバラバラです。

実は授乳をいつまでする必要があるというのは決まっていないんですよ。

 

だからこそ、どのタイミングで卒乳・断乳をしたらいいのか悩んでしまうこともありますよね。

今回は、そんな卒乳・断乳するタイミングはいつなのかについて紹介していきます。

卒乳と断乳の違い

初めに、「赤ちゃんへの授乳を終わる」ということを「卒乳」もしくは「断乳」という言葉で表します。

ではこの2つの言葉の違いがなんなのか説明します。

卒乳

卒乳とは赤ちゃんが自ら母乳やミルクを欲しがらなくなって飲まなくなることです。

自然な卒乳は赤ちゃんにとって負担が少なく、赤ちゃんが適切な時期に卒乳してくれるとママやパパにとっても負担が少なくなるので助かります。

母乳を与えていなくてミルクを与えている場合は比較敵早い段階で卒乳できる子が多いです。

ただし、いつ卒乳するかはわかりません。

赤ちゃんが自らおっぱいやミルクをほしがらなくなるのを待つということは、赤ちゃんがおっぱいを必要としている間は卒乳できないということです。

断乳

断乳とは卒乳と異なりママやパパが強制的に授乳をやめることです。

母乳を与えている場合はなかなか卒乳ができない子が多く、ママやパパの負担を軽減するために断乳を決意する場合が多いです。

赤ちゃんにとっておっぱいは単なる栄養源というわけではなく、なによりも安心できる存在なんです。

生まれてからずっとママのそばでおっぱいを吸ってきたのに今すぐやめるように言われても赤ちゃんの心は不安でいっぱいになります。

注意としては、断乳をすると決めたのならきっぱりと授乳をやめるようにしましょう。

泣き止まないからと仕方なく諦めて授乳をすると、次に断乳をしようとした時に泣けばもらえるかもしれないので諦めずに泣き続けます。

その度に赤ちゃんはどんどん不安になっていって余計にやめれなくなってしまうんです。

しっかりと話しかけたり抱きしめてあげたりして、安心させてあげることが大事です。

 

一昔前までは断乳を行う場合が多かったのですが、赤ちゃんの意思を尊重してできるだけ赤ちゃんが自然とおっぱいやミルクを欲しがらなくなるまで待つ、卒乳を選ぶママやパパが増えてきています。

もちろんママの体調などの理由で授乳をやめる必要があることだってありますから、断乳をしてはいけないということではありませんよ。

卒乳・断乳の時期はいつ?

多くの子は1歳半頃から2歳の間にかけて卒乳・断乳します。

離乳食が完了期を迎えると授乳で栄養を取る必要がなくなるためです。

離乳食を毎日しっかり食べていて、お茶やジュース、牛乳などで母乳やミルク以外から水分を摂取できているのであれば卒乳・断乳を始めてもいいタイミングです。

そのため、早い子では9ヶ月頃から卒乳している子もいます。

中には2歳を過ぎてもおっぱいがないと寝られない子もいます。

いつまでに卒乳しないといけないということはないのでママやパパが負担でないのなら赤ちゃんの気持ちを優先して授乳を続けていても問題ありませんよ。

まとめ

今回は、卒乳・断乳するタイミングはいつなのかについて紹介させていただきました。

 

母乳のことについてはこちらのページに詳しくまとめてあります!
母乳育児!ママが知りたい母乳の知識を全てまとめてみたよ♪おすすめ!

 

 

このページはこちらの記事を参考にしています!
母乳いつまで飲ませる?

最後まで見ていただきありがとうございます(・∀・)!