子沢山な七福神をお迎えしました。初めての株分け体験談。

 

ぼくの大好きな多肉、七福神さん。

群生しやすく子沢山になりやすい種類でかわいいしですね。

 

かずはるの七福神さん

まずはこちらを見てください。

この子はぼくが実際にお迎えした子沢山の七福神さんです。

この子なんと13人もの赤ちゃんのママです。

実は購入してすぐは10人だと思ってたんですけどチョンパしたら後ろに3人隠れていました!

感激ですね♪笑

こちらが植えてみた感じです。

赤ちゃんの大きさがバラバラですね。

はさまれてぺっちゃんこな子もいます。

大きい子で3センチぐらい、小さい子で1.5センチぐらいです。

 

写真を見ると分かるようにかなりギュウギュウです。

これでは形が変になってしまうし、内側にいる子には日光が当たりません。

っということで株分けすることを決めたわけです。

 

ただ、ぼくとしても初めての事なので本当に切って大丈夫なのかと心配ではありました。

何より「増やしたい」という思惑が止まりませんでした。笑

 

株分けするとママと子で2つになるのに加え、しばらくするとママ側の切り目からもお子さんが新たに生えてきます。

子が大きくなるとママとしてさらにたくさんの子が…。ほら、増やしたくなるでしょう?笑

 

あまり小さい子は分けてしまうとなかなか根が出ないので葉が内側から5・6枚ある大きさの子だけすることにしました。

七福神の子株をわけるタイミングについてはこちらで紹介しています!

ベストなタイミングはこの瞬間!七福神の子株の分け方!

 

株分けの方法なんですが、うちの子は幹から幹から直接生えていて茎の部分がほとんどない子が多かったです。

なのでハサミ等は使わずに葉挿しの時に葉を取るときと同じような感じで、左右に動かしてもぎ取りました。

 

簡単に「ポロッ」と取れてくれなかったです。

しっかりくっついていて本当に「もぎ取った」っという表現が正しい感じです。

「ブチッ」っていってましたもん…。

 

こんな取り方して本当に根が出てくれるのか不安にもなりました。

もぎ取ってからは数日切り目を乾燥させてから土の上に置いておきました。

 

ここから1週間しても根が出ませんでした。

もうね。

不安で不安でたまらなかったです。

もう根は出てくれないんじゃないかって。

そこで、ふと七福神ママと一緒に植えてみました。

見にくいかもしれないですが左奥のママの周りに植えてます。(植えていると言っても土の上においているだけ)

 

なぜ、こんなことをしたかというと元々植物は光合成をして葉や根を作ります。

それから、日光を浴びることで根を作るための刺激になるという意見もネット上にありました。

なので、光合成させてみようと思ったわけです。

 

そもそも、ネット上にはカットした苗は「切り口を乾かしてから土に置いておく」という方法が多く紹介されていますけど、中には「植えて他の子と同じように光合成させる」という意見の方も少数ながらいました。

やってみた結果。

3日目で生えている子がいました。

ちょっと見にくいですが左上のちょこっと飛び出しているのが根です。

それから順調に他の子も根が出始めます。

6日目にしてみんな根がでました。

この子は3方向に根が出てます。

 

実はもぎ取った時に、生え際がママ側に結構残ってしまった子がいました。

「茎の根元じゃなく途中からちぎれた」っと言った方がわかりやすいですかね。

(これは一番最初にもぎ取った子で、左右ではなく上下に外そうとしたからです。)

そのため、この子が一番根が出るか心配でした。

 

でも、写真を見てもらったら分かるように根は横から生えているので全然問題なかったみたいです。

同じような失敗をした方、安心してください!

 

ただ実際には「日に当てたから根が出た」とは限らないですね。

もしかしたら、日に当てずとも同じ日数で出ていたのかもしれません。

でも、日に当てたから出なくなるということは無いことはわかったので、試してみる価値はありそうです。

 

ただし、あまりにも日差しの強い時期は避けましょう。

水分がなくなってしまっては根が無いので水の補給ができず枯れてしまいます。

あくまで「刺激を与える」程度にしておきましょう。

 

赤ちゃんたちがこれから大きくなっていくのが楽しみです。

では、今回はこのへんで!

ありがとうございました♪