イオナンタの詳細と育て方!

エアープランツ(チランジア):イオナンタ

kazu

こんにちは。

kazu(@kazuharuru)です。

エアープランツ(チランジア)のイオナンタについて詳細や育て方を紹介していきます!



イオナンタの学名

エアープランツ(チランジア):イオナンタ

出典:イオナンタルブラ

イオナンタの学名は「チランジア・イオナンタ(Tillandsiaionantha)」です。
エアープランツにはチランジアという名前が付いている品種が多いです。


イオナンタってどんな植物?

イオナンタはエアープランツの一種で、土がなくても育てられる初心者向けの植物です。
エアープランツは空気中の水分を吸って成長するので難しいお世話もなく、育てやすい植物でもあります。


イオナンタの意味

イオナンタはラテン語で「スミレ色の花」という意味があります。
その意味の通り、イオナンタはスミレのようなキレイな花を咲かせます。


イオナンタの自生地

イオナンタの自生地は中部以南のメキシコとその南に隣接するグアテマラまでと言われていますが、現在はほとんど自生はしていないようです。




イオナンタの見分け方

イオナンタは非常に種類が多いことが特徴で、小さめの品種から大きめのものまで幅広く存在しています。
見分けることは難しいですが、中には特徴的な形をしている種類もあります。

斑入りのものや色に特徴がある種類は比較的分かりやすいです。
同じ種類でも違った形に育つこともあるので、詳しい人でも見分けられないこともあるようです。


イオナンタの花

エアープランツ(チランジア):イオナンタ

出典:エアプランツのイオナンタさんが急に紅葉し始め、一気に開花しました♡

イオナンタは上手く育てると、花を咲かせます。
鮮やかな紫色の花が咲くことが多く、非常にキレイです。


エアープランツ(チランジア):ストリクタの花 エアープランツ(チランジア)の失敗しない花の咲かせ方と花後の子株!


イオナンタの根

一般的に販売されているイオナンタには根っこがないことが多いです。
販売の際に邪魔だったり、輸入の際に困るため切られてしまうからです。

しかし実際は根が生える植物なので、成長過程で根は伸びていきます。


イオナンタの大きさ

イオナンタの大きさは手のひらサイズの小さめのものが多いです。

大型のものでも手のひらより少し大きいくらいで、長さは15cmほどです。
サイズが小さいため、1つではなく複数まとめて栽培している方が多い植物でもあります。


イオナンタの色

イオナンタは植物なので基本は緑色ですが、開花時期になると花の周辺が赤くなることが多いです。
葉の先端部分が赤くなるので、とてもキレイです。


イオナンタの紅葉

先ほど紹介した、開花前に赤くなるという現象の他にもイオナンタが赤くなることがあります。
それが紅葉です。

イオナンタも植物ですので、赤く紅葉をします。

紅葉はやはり秋ごろに見られることが多く、10~11月にかけて葉先が赤く色づきます。
個体によって赤さに違いはありますが、驚くほど鮮やかな赤に紅葉することもあります。


イオナンタの開花時期

イオナンタの開花時期は特に決まりがありません。
種類によっても違いますし、育て方や育ち具合によっても変わります。

冬に咲く場合もありますし、夏に先く場合もあるので様子を見て育てます。


イオナンタの開花後は?

イオナンタは開花後、花が枯れて子株が生まれます。
子株は親株からの栄養で育ち、ある程度の大きさまで育てば株分けすることも出来ます。


イオナンタの栽培の温度と日光の有無

イオナンタの栽培に適する気温は、20~30度です。
10~40度までが耐えられる気温ですが、出来れば適性温度の範囲内に収めるようにします。

日光は不足すると育ちが悪くなりますが、直射日光は苦手なので直射日光を避けた日当たりの良い場所を選びます。


季節後の注意点

秋や冬は寒い日が多いため、室内を中心に栽培します。
暖かい日は外に出して日光にほどよく当てることも必要になります。

夏は日光が強いため、外に出す場合は5割程度遮光する必要があります。
また室内に置く場合は、風通しのいい場所を選ぶようにしましょう。


イオナンタの耐寒性

イオナンタの耐寒性は低いと言えるでしょう。
10度以下では育たないことも多いので、寒い地域や真冬の栽培には注意が必要になります。

耐寒性はありませんが、高い温度は40度まで耐えられるので比較的強いと言えます。


イオナンタに水やりは必要?

イオナンタはエアープランツなので、水やりは必要ないように感じることも多いです。
しかし、実際は適度な水やりが必要になります。

土が無いので直接水やりをすることは出来ませんので、霧吹きなどを使って水やりをしましょう。


エアープランツ(チランジア)の水やり・ソーキング エアープランツ(チランジア)の水やり【ソーキング】


イオナンタに肥料は必要?

イオナンタには基本的に肥料は必要ありません。
しかし開花後に子株が付いた場合や育ちが悪い・遅いと感じる場合には使っても良いでしょう。

肥料をあげる際は、水やりと同様に霧吹きで与えます。
肥料はある程度水で薄めてから与えると良いでしょう。


イオナンタの成長速度

エアープランツ(チランジア):イオナンタ

出典:輝き万年にイオナンタを着生させて2年経過後の姿です
クランプになりトリコームが光を反射して一段と輝いてますねぇ~これが輝き万年パワーだす(´ω`❤)♪。.:*・゜

イオナンタは比較的成長速度が速く、上手く育てると2年ほどで花を咲かせます。
花が枯れ、子株が出た後はさらに2年程度で子株に花が咲きます。


イオナンタのソーキングの必要性

ソーキングは2~3週間に1回程度、6時間ほど水に浸すというものです。
ソーキングは必ず必要なものではありませんが、した方が成長が早いと言われています。

より早く成長させたい場合は、液体肥料をソーキングの際に使う水に少量入れると良いでしょう。


エアープランツ(チランジア)の水やり・ソーキング エアープランツ(チランジア)の水やり【ソーキング】


イオナンタの葉や花が枯れる・腐る理由

イオナンタは葉先が枯れてしまうことが多いです。
その一番の理由は水不足で、エアープランツという名前から水やりをしない方が多いようです。

水は霧吹きを使ってしっかり与え、枯れ始めた場合はソーキングを試してみましょう。
花は開花後に枯れるものです。

枯れることで次の成長過程にうつりますので心配はいりません。
また、逆に水をやりすぎると腐ります。

特に夏場は暑いからといって水をたくさん与えがちですので、気を付けましょう。


エアープランツ(チランジア):枯れる原因 エアープランツ(チランジア)の枯れる原因と枯れた場合の対処方法!


イオナンタの葉焼け

葉焼けの主な原因は、日光の当てすぎです。
イオナンタを日光に当てる際はほどよく遮光するか、直射日光は避けて置きましょう。

また、長時間外に放置するのは危険なので数時間程度に収めます。


綴化とは?

イオナンタは綴化という現象がみられることもあります。
これは植物の奇形の一種で、成長点が多数発生する現象のことを指します。


鉢植えで育てられる?

イオナンタは土を必要としない植物として知られていますが、実は鉢植えで育てることも可能です。
鉢植えで育てる場合には水苔を使うと上手く固定できます。

水でふやかした水苔で地盤を作り、その上にイオナンタを置いてさらに水苔を乗せれば完成です。


イオナンタの自家受粉

イオナンタは基本的に自家受粉はしません。
受粉出来ないわけではありませんが、コツが必要になります。


子株や株分けについて

イオナンタは開花後に花が枯れ、子株が出来ます。
子株がある程度大きくなったら株分けをしましょう。

目安としては、子株が親株の半分以上の大きさになったら株分けをすると良いです。


イオナンタの着生とその方法

イオナンタは流木や石などに着生するので、様々な形で楽しむことが出来る植物です。
着生させるためには、イオナンタに根を生やさせる必要があります。

根が生え始めたら、出来るだけ早く着生させたいものにくっつけて置いておきます。
そうすることで自然に着生します。

ごつごつしたものやざらざらとしているものは着生しやすく、ツルツルのものは難しいので注意しましょう。
おすすめは流木やコルクなどです。

着生はその他に「着床」「活着」と呼ばれることもあります。


イオナンタの花言葉は?

イオナンタには特に花言葉はありませんが、エアープランツの花言葉は「不屈」です。
不屈には”苦難に負けずに意志を貫くこと”という意味があり、土がない究極の環境でも育つエアープランツにピッタリの花言葉です。

実際にそのような特徴から、この花言葉が生まれたと言われています。
植物には必要不可欠とも言える土がない場所でも強く育つエアープランツはスゴイです。


イオナンタをキレイに飾るコツ

イオナンタをインテリアとして飾るなら、やはり着生させるのがおすすめです。

正しい育て方をすれば、色や形もキレイに育つので見栄えも良くなります。
お世話は少ない植物ではありますが、愛情かけて大切に育ててあげましょう。


エアープランツ(チランジア):オシャレな飾り方 エアープランツ(チランジア)のおしゃれな飾り方!


イオナンタボール(クランプ)の作り方

エアープランツ(チランジア):イオナンタ

出典:イオナンタフエゴ

イオナンタの特徴として、子株が増えると球状になるというのが挙げられます。

これが通称「イオナンタボール」で、開花後に出てくる子株を株分けせずにそのまま育てておくことで作ることが出来ます。
ボール以外にも「クランプ」と呼ばれることもあります。


イオナンタのアルビノ

アルビノと言えば動植物が白くなる遺伝子の変異種ですが、イオナンタにもアルビノが存在します。

アルビノは白い花を咲かせるので、他のイオナンタとはまた違った美しさがあります。
アルビノ以外にも「ピーチ」などと呼ばれることもあるようです。


イオナンタの交配種

イオナンタには交配種が多数存在し、交配種はそれぞれの良い部分を受け継いでいるものが多いことから人気です。
例えば、ファシクラータとイオナンタの交配種である「チランジアバックコンプトン」などが挙げられます。


イオナンタの種類

イオナンタにはかなりたくさんの種類があります。
ここでは中でも人気の種類や珍しい種類をご紹介します。


イオナンタ・ルブラ

ルブラには「赤」「赤い」という意味があり、紅葉や開花時期に赤くなる部分が大きい品種がイオナンタ ルブラと呼ばれています。


イオナンタ・カーリー

カーリーはその名の通りカールしているという意味で、葉先が外側に向かってカールしているのが特徴の品種です。
カールやカーリーなどと呼ばれ、他の特徴と合わせて名前が付けられている種類もあります。

例えば「イオナンタ・カーリージャイアント」は大きな種類のイオナンタで、なおかつ葉先がカールしているものを指します。


イオナンタ・スペシャル

イオナンタ・スペシャルは葉が肉厚なのが特徴の種類。
このようにイオナンタは、特徴によって様々な名前が付けられています。

複数の特徴がある品種は、特徴ごとのキーワードが合わさった名前が付けられることが多いです。


イオナンタ・コルビー

イオナンタ・コルビーは葉があまり広がらないのが特徴です。
つぼみのような形に育つので、他のイオナンタとは形がやや違います。


イオナンタ・ツートン

イオナンタ・ツートンは、名前の通り常に2色になっているのが特徴です。
他の種類と違い、葉先が常に赤いものがほとんどです。


イオナンタ・ヘーゼルナッツ

イオナンタ・ヘーゼルナッツは、ヘーゼルナッツのような可愛らしいコロッとした形が特徴的。
非常に珍しい品種で、値段もかなり高い種類です。