【褒める雑談】見えるところを気さくに褒めて距離を縮めろ!

 

かず

あなたは人を褒めることができますか?

 

心理学的に考えても相手を褒めるというのは効果的です。

よっぽどひねくれた人でない限り褒められれば嬉しいものだから。

褒めてくれた人には多少なりとも好意を抱くものです。

 

「褒める」は雑談の道具

相手を褒めることでお互いに話しやすい環境ができます。

でも、「なにを褒めたらいいかわからない」って思いますよね。

 

簡単です。見えてるところを褒めましょう。

ここで重要なのはこの「褒め」にも雑談と同じように特に意味を込める必要ありません。難しく考えて探し出す必要はないんです。

ましてや、相手の内面を褒めようとするのは今は避けましょう。

 

内面を褒めるのは恋愛にでは有効だったりします。でも、雑談力がないうちはハードルが高いです。

その辺のことも後々記事にしたいなと思います。

 

話を戻します。

どこを褒めたらいいかというと、相手に関する見えているところです。

その人に対して「かわいいね!」とか「カッコイイね!」とか言う必要はありません。やれるならやってもいいけど下心があるように思われたりするのでハードル高いです。

 

モノを褒めるのが簡単です。

 

  • 「今日のネクタイおしゃれだね」
  • 「そのペンかわいいね」

これぐらいの感じで大丈夫です。いやらしさもないですよね。

 

髪型とか手を褒めるのもありです。

「髪切ったんだ!似合ってるね!」

「指きれいだね!」

とか。でも、あなたも感じたかもしれません。髪型とか指といった人の外見を褒めるのもややハードル高めです。コンプレックスがあったり下心を感じたりする場合があるから。

 

大事なのでもう一度言います。

雑談における「褒め」は特に意味を込める必要はありません。お世辞も下心もです。

ただ、相手との距離を縮めるためのコミュニケーションをするだけです。

褒めることで「私はあなたとの間に壁を作っていないよ。」と感じてもらうと同時に、あいての壁を取っ払う事ができるのが「褒める」ということです。

 

でも、その「褒め」に下心が見えると壁を作られてしまうこともあるので、それを避けるために「モノ」を褒めます。

間接的に褒めるんです。

ちょっと回りくどいような気もしますけど、効果は高いです。

 

本心である必要はない

なんのために褒めるのか。

それは相手との距離を縮めるためのコミュニケーションをするためです。

 

本気で「かわいいペンだな!」って思う必要はないんです。もちろん本気でかわいいっと思ったなら褒めたらいいんですけどね。

でも、そんなに本気で褒めるようなことなんてそうそうないでしょう。

 

「変わったデザインのペン使ってるな」って思ったら、「そのペンオシャレだね。」とか「そのペン変わってるね。」でいいんです。

そしたら相手も、「そうなんだよね。友達にこないだもらってさ。」とか何かしら返してくれるでしょう。お世辞には聞こえません。

 

コミュニケーションをするために褒めるんです。

褒められて相手が話を広げてくれたら大成功です。