あなたのブログが読まれるには読み手の心理を理解することが必須!

今の時代の人間はとにかく時間に追われている。文章を読みたくて読んでいる人なんてほとんどいない。

みんな役に立つ情報を求めている。そして、できる限り早く情報を手に入れたい。

あなたのブログに役に立つ情報がないと思えばすぐに別のサイトに行ってしまう。

そんな読み手の心理を理解していないとあなたのブログは読まれません。

読み手を引きつける力

どんなに役に立つ情報を提供していたとしても読まれなければ意味がない。「読みたい!」と人を引きつける力が必要。

タイトルさえ気をつければいいと思っていませんか?引きつける力はタイトルや導入部分だけでは不充分。

 

読んでる途中で読み手が興味をなくしたらもう読んでもらえない。最後まで読んでもらえてもそれで終わりじゃもったいない。

 

最後まで読んだ上で他の記事にも興味を持ってもらえるようにしないとダメです。

あなたの記事タイトルを”読まずにはいられなくする”魔法の心理学!

 

リピータを増やす

1度きりの客を集めていたらいつまでたってもファンは増えません。

マーケティングでは新規客を確保するよりもリピーターを増やすほうが圧倒的にコスパがいいとされています。新規客を確保するにはたくさんの宣伝費がかかります。でもリピーターは宣伝費はかからない上に口コミまでしてくれるから。

ブログでも一緒。狙って検索上位にするのは難しいけど今までに読んでくれた人たちがリピーターになってくれたら確実にPVは増えます。

 

ただ役に立つ記事ではダメ。「この人おもしろいな。」「そういう考え方もあるんだな。」「この人の記事もっと読みたいな。」って読み手になにかしらの感情を抱かせるようにするべきです。

そのためには心理学が役に立ちます。

心理学で他の記事へ促してSEOを攻略しよう!!!

スピード感が大事

これができずにブログを読めてしまう人が多い。

質より量というわけではないですよ。質も量も大事。

 

それは難しいって?

 

質とは何か。質というのは読み手の役に立つ情報であるということ。長い文章ということではない。

長い文章を書いていても実際に大事な部分なんてほんの一部でしか無いです。

無駄に長い文章は読むのが面倒になる。初めに書いたように読み手はみんな忙しい。知りたいことを早く知りたいと思っている。

だから、読み手に必要な情報を簡潔に提供した上で量を作る。これが大事。

文字数は短くていい。長い文章が書けなくて悩んでるあなたへ!