アエラントスの詳細と育て方!

エアープランツ(チランジア):アエラントスの花

kazu

こんにちは。

kazu(@kazuharuru)です。

エアープランツ(チランジア)のアエラントスについて詳細や育て方を調べたので紹介していきます!



目次

チランジア・アエラントスとは

アエラントスは有茎チランジアの代表種。
育成も容易で成長が早く、開花した姿も美しい。
非の打ち所がないうえ、手に入りやすいのも手伝って多く普及しています。

アエラントスの学名

学名は「Tillandsia aeranthos」です。

アエラントスの意味

ラテン語では「空中の花」、アルゼンチンではClavel del Aire「空中のカーネーション」と呼ばれています。

アエラントスの原産地

分布場所はブラジル南部、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン北部など、温暖な気候の南アメリカに幅広く分布しています。

育成の難易度

アエラントスは寒さに強く、水やりのタイミングもわかりやすいので、育成難易度は簡単な部類に入るでしょう。
比較的簡単に育成できるので初心者にもおすすめです。

アエラントスの葉の形状

肉厚で硬質、アロエのトゲをなくしたようなとがった形状です。

アエラントスの葉の色とトリコーム

トリコームとは、葉の表面にある微細な毛のようなもので、空気中から水分を得たり、太陽光線を反射し葉を保護する役割をしています。

また、太陽の光を反射すると銀色に見える性質があることから、トリコームを持つアエラントスは銀葉種と呼ばれています。
ですが、アエラントスはトリコームの量が少ないので、葉は銀葉種ではなく緑葉種に近い色の個体もあります。

エアープランツ チランジア ハリシー エアープランツ(チランジア)のトリコームとは?

アエラントスの花

エアープランツ(チランジア):アエラントスの花

出典:アエラントスの花

アエラントスの花は非常に美しく、ピンク色の花苞と濃い紫色の花が見事なグラデーションになっています。

※花苞とは花に見えるが葉が変化したもので、つぼみや花を守っているものです。

アエラントスのサイズ

小さな物は手のひらに収まるほどかわいいサイズです。

種類や育成環境次第では、存在感のある大きさに育ちます。

アエラントスはタンクタイプ?エアータイプ?

エアープランツにはタンクタイプとエアータイプがあり、アエラントスはエアータイプです。

エアータイプ

エアータイプは根や葉から水を吸収します。

タンクタイプ

タンクタイプは株元の膨らんだ部分や、葉の中心部に水を貯め、葉の付け根と根っこの部分から水分を吸収します。

成長速度

アエラントスは、年間数センチと成長速度はゆっくりなので、じっくり育てる楽しみがあります。

開花時期

開花時期は育成環境や方法によって変化しますが、基本的な開花時期は春頃が多いです。

寿命

親株は子株がつくと枯れるサイクルなので、子株がつくまでが寿命です。

育成環境

自然界では岩や木に着生して育ちます。
着生とは植物が土壌に根を張らずに岩や木などに根を張ることで、特徴は着生した対象から養分を取らないことがあげられます。

耐寒温度

アエラントスは寒さに強く-5度くらいまで耐えることができますが、温度が低いと成長が止まったり、ヒドイ場合は枯れてしまうので注意が必要です。

適切な温度

適切な温度は15-25度で、この範囲が管理しやすく育てやすいです。35度を超えると乾燥し枯れやすくなるので、超えないように管理しましょう。

適切な湿度

エアープランツの中でもアエラントスは湿度を好む種類です。

アエラントスの室内での育て方

水やり

ミスティングは週1-2回。
目安は葉が内巻きに反り返るのでわかりやすい。
反りが出てきたらミスティング(霧吹きで水をかける)をする。

ソーキングは10日に1回。
ソーキングとは植物に水をかけるのではなく、水に植物を漬ける方法です。

※水やり後は必ず風通しをよくし乾燥させること。
過度にぬれたまま風通しが悪いと蒸れて腐ってしまいます。

温度

室内で育成する場合はあまり神経質になる必要がありません。
人間の住む空間ならある程度は温度管理がされていますよね、人間が快適と感じる範囲であればエアープランツも問題なく成長することができるからです。

日照

日光不足になると徒長してしまうなど、成長に影響がでてしまいます。

おすすめの置き場所はレースのカーテンなどで直射日光をあたらなくした窓際です。
窓際はレースのカーテンで日光を遮光して葉焼けを防ぎますし、風通しも確保できる最適な場所なのです。

日照条件が悪い場合は、植物育成用ライトの導入を検討しください。
日光が確保できないと徒長するどころか、枯れてしまうことにもなります。

※徒長とは、日照不足や水の与えすぎなどの育成環境の悪さが原因で、不自然に成長することです。
徒長すると病気や害虫などに対する抵抗力の低下や、花が咲かないなどの弊害が生じます。

アエラントスの室外での育て方

水やり気温が10℃以上の場合

室内と同じで、週1-2回ミスティングをしてください。

水やり気温が10℃以下の場合

週1回を目安に様子を見ながらミスティングしてください。
ただし、気温が下がる夜に水分が残っていると、凍ったり、傷たんで枯れてしまうので、気温が低いときは午前中に水やりをしてください。

温度

夏は直射日光が当たり高温になる場所は避けたほうが懸命です。
遮光した明るい場所に置くことをおすすめします。

アエラントスは寒さに強いので、冬でも屋外に置いて大丈夫ですが、凍ってしまうような気温だと霜などで傷む原因になるので夜は屋内で育てましょう。

日照

室外にエアープランツを出す場合は、徐々に日光にならさないと葉焼けを起こしてしまいます。
最初は日陰に置き、徐々に日光に当てる時間を長くしてください。

日陰に置いても時間の経過とともに直射日光にさらされてしまうときがあるので注意が必要です。
うっかり日光にさらしてしまわないように、遮光ネットを使用するのも1つの手です。

紅葉

正確には紅葉ではないですが、アエラントスは太陽光線を多くあてると、葉に赤みがかった色を付けることができます。
長時間直射日光にあてると葉焼けで弱ってしまう原因になるので、挑戦したい方は少しずつ日光にあてる時間を調節しながら様子を見てください。

大きくならない原因と対策

大きくならない原因の大部分が不適切な育成環境にあります。
このページで紹介した適切な方法で日照条件と水やりを行って育成してみてください。

枯れる原因と対策

水の与えすぎで蒸れ腐り

夏場など気温の高い時期は、水やり後に風通しの悪いところに置くと一日で蒸れ腐りすることがあります。
必ず風通しのよいところに置いてください。

水の与えなさ過ぎでミイラに

エアープランツは、普通の植物と違い乾燥に強いことから水やりは数日おきで大丈夫ですが、エアープランツも植物です。
忘れることなく水やりをしてください。

カビ

水やり後に風通しの悪い場所に置いていたり、梅雨の時期など、長時間にわたり湿気ていたりすると黒カピが発生するときがあります。

葉にカビが発生した場合は、広がらないようにハサミなどで取り除くだけで大丈夫です。
葉と違い株元にカビが発生しているときは手遅れになることがあるので注意が必要です。

害虫

害虫を発見した場合は、病気や枯れる原因になるので速やかに取り除く必要があります。
ピンセットで取り除くか、ソーキングの要領で水に浸水させ取り除きます。
また症状によっては殺虫スプレーを使用するのも手です。

※害虫駆除をした後は、害虫の卵が残っている場合があるので、しばらくは注意して観察してあげてください。

自然に枯れる部分

葉どうしの摩擦や、接地面との摩擦などで葉先が枯れる。
成長の過程で根っこ側の葉が枯れる。
これは自然に起こることなので気にしなくても大丈夫です。

ただ、枯れたまま放置すると見た目も悪い上、蒸れやカビの原因になるので適度には取り除くことをおすすめします。

増やし方

種まきの方法

種を木片やコルクなどにつけた状態で、水をあたえれば発芽します。
水やりの頻度は一日一回のミスティング、太陽は直射日光が当たらないような工夫をして環境管理をしてください。

種から発芽し、成長した物を「実生」といいますが、種から育てるのは難しく育つのに最低でも5-6年はかかるので覚悟が必要です。

株分けの条件と方法

アエラントスの株分けは条件がそろえば簡単に行えます。

条件1.暖かい季節
外気温が低いと切り離した後に、寒さに耐えられず枯れてしまうからです。

条件2.梅雨入に入ってから
梅雨に切り離すと枯れにくく、根が出やすいので着生させやすいです。

条件3.切り離す子株が大きくなってから
目安として切り離す子株が親株の6割ほどの太さが適当です。

株分けの方法

切り離したい子株の根本にカッターやナイフなどで切り込みを入れます。
切り込みを入れたらできるだけ根本を持ち、一気にもぎ取るだけで完了です。

アエラントスの飾り方

吊るす

吊るして飾る方法を「ハンギング」といって、どんなエアープランツにも似合う飾り方です。
エアープランツに直接ヒモを取り付けて吊るす方法や、バスケットや鉢などに入れ容器ごと吊るすなどの方法があります。

部屋を飾るインテリアとしておすすめの方法です。

鉢植え

コケや軽石などを鉢に詰めエアープランツを着床させる方法。
大きさや種類の違うエアープランツを飾るときにおすすめの方法です。
簡単に移動できるのと、容器を好みの物やオシャレなものを選ぶなどアレンジができる利点があります。


土がいらないエアープランツは、アイデア次第でいろいろな飾り方ができるので、自分の気に入る方法を見つけて生活に取り入れてみてください。

アエラントスの種類

アエラントス・ベルゲリ

ベルゲリとアエラントスは慣れた人でも、葉や株だけでは見分けがつかないほど似ています。

見分けるポイントは花しかないと言っても過言ではありません。違いをあげるとアエラントスはピンクの花苞と紫の花、ベルゲリは白の花苞に水色の花です。

アエラントス・ニグラ

アエラントスを小型かしたような種。
「ニグラ」は黒質という意味で、名前の通り葉の色が黒っぽい色をしています。

クランプになりやすく、花も咲きやすい種なので、クランプ状で花が咲くと非常に美しいです。

アエラントス・アルバ

育成難易度が高めの上級者向けの種で、成長を環境で調整する必要があり手がかかる。
アルバの特徴は花にあり、非常に美しい真っ白い花を咲かせます。

アエラントス・ミニアータ

通常よりも株自体が小さな種。
小さくかわいい外見で、他のエアープランツと一緒に飾るのをおすすめします。

クランプになってもコンパクトなので場所を取らないので、どこにでも飾れます。

アエラントス・ブロンズ

通常種よりも小さい種で、特徴は名前のとおり、色がブロンズなことです。
最初は緑に近い色ですが、日照時間を調節するとブロンズ色に変化します。

アエラントス・ジャイアント

見た目はまさにアエラントスを大きくした迫力のある外観で、葉は直線で非常に固く、花はピンクで美しいです。
また、葉はアエラントスよりもトリコームが多く、より銀葉種に近い葉の色をしています。

アエラントスの購入方法

アエラントスは人気が高いので多くの街の花屋さん、ホームセンターなどでも取り扱っています。

その人気と流通量の多さはダイソーなどでも扱っているほどです。
探しても見つからない場合はインターネットで探してみましょう。

購入の注意点:手と目で確かめる

葉がキレイなもの

葉や葉先が茶色く変色していないもので、トリコームがキレイに残っているもの。

根本がキレイなもの

葉だけではなく根本の部分も重要なポイントです。
根本がグレーや茶色などに変色していると枯れている可能性があります。

感触がおかしくないもの

見た目がキレイでも持ってみたときにブヨブヨしているものは、蒸れ腐りを起こしている可能性があります。

持ってみて軽くないもの

持ってみてスカスカと軽いものは枯れてミイラになっている可能性があります。


特にダイソーで購入するときは、納品後にお手入れされていないので注意が必要です。
状態を店員に聞いてもわからないことがほとんどなので、上記の注意点を参考にしてみてください。