生後9ヶ月の赤ちゃんの体重・身長・特徴

生後9ヶ月の赤ちゃんの体重や身長【特徴まとめ】

この時期になるとつかまり立ちをするようになります。

視界が高くなることでテーブルの上の物などに興味を持つようになります。

それでは生後9ヶ月~生後10ヶ月の新生児の赤ちゃんの特徴を紹介します。

生後9ヶ月の赤ちゃんの身長と体重は?

ハイハイやつかまり立ちをするようになり、よく動くので体つきが引き締まってきます。

男の子の目安

体重:7.2~10.5Kg、身長:67.5~76.5cm

女の子の目安

体重:6.8~10Kg、身長:65~74.5cm

赤ちゃんの成長

つかまり立ち

つかまり立ちをするようになるとテーブルの上など高い位置にある物に興味を持つようになります。

テーブルの上にコーヒーが入ったカップなどを置いているとやけどしてしまうことがあるので気をつけてくださいね。

また、本棚等の2段目に手が届くようになるので、物が落ちてこないようにしっかりと対策するようにしておきましょう。

 

参考に伝い歩きの動画を貼っておきます。長さは2分程です。よかったら見てみてくださいね。

 

後追い

ママやパパがが移動すると追いかけるようになります。

うちではママがトイレに行ったりすると泣きながらハイハイして追いかけていました。

トイレの前まで追いかけてきていた場合、扉を開けた時に赤ちゃんにぶつかってしまうので気をつけてくださいね。

バックナンバーファンの「日曜日」-5thシングル情報

一人遊び

移動範囲が広がってくると目に入るものに次から次へと興味を持ちます。

部屋にあるものは赤ちゃんからすると全てがおもちゃで、放っておくとティッシュをたくさん出していたり、お茶の入ったコップをこかしていたりといたずらが絶えません。

もちろん本人は悪気はなく、色々な物に興味を持つことは大事なことなので怒らないようにしてください。

まとめ

体も丈夫になってきて、「高い高い」など体を使った遊びを好むようになります。

パパの出番です!ただし、あまり、激しく頭を揺らさないように気をつけましょう。

乙女心_挿し木後