生後4ヶ月の赤ちゃんの体重・身長・特徴

生後4ヶ月の赤ちゃんの体重や身長【特徴まとめ】

この時期を過ぎると次第に生活リズムが安定し始めます。

1回の睡眠時間が長くなるなど、ママやパパに少し余裕が出てきます。

それでは生後4ヶ月~生後5ヶ月の新生児の赤ちゃんの特徴を紹介します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの身長と体重は?

4ヶ月頃になると体重の増加が落ち着き、体つきがしっかりしてきます。

男の子の目安

体重:5.6~8.5Kg、身長:59~68cm

女の子の目安

体重:5~8Kg、身長:58~67cm

赤ちゃんの成長

生活リズムが安定する

昼夜の区別がつくようになるので、昼間は活発に遊び、夜はまとまった時間眠ります。

ママやパパも赤ちゃんに合わせて「起きる時間」、「赤ちゃんのお風呂の時間」、「部屋の電気を消す時間」をいつも同じ時間にするようにするといいです。

 

また、赤ちゃんが起きている時間はたくさん遊んであげることで生活リズムが安定しやすくなります。

うちでは4ヶ月ぐらいから夜に起きてきて泣くことが少なくなくなりましたよ。

生活リズムについては↓の記事で詳しく紹介しています!

back number ヒロイン バックナンバーファンの「ヒロイン」-曲紹介

興味を持ったものをつかもうとする

見つけたものに興味を持つと自ら手を伸ばしてつかもうとします。

 

あまり重たいものはしばらくすると離してしまうので軽いおもちゃなんかを持たせてあげましょう。

色々な物に触れさせてあげることで脳の発達に繋がります。

 

スーパーの袋の取っ手を赤ちゃんの腕に危なくないように引っ掛けてあげると、赤ちゃんが手を動かした時に「シャカシャカ」と音がするので活発に腕を動かしますよ!

 首がすわる

首がすわると縦抱きがしやすくなり、抱っこひもでおんぶもできるようになります。

そのため、家事がしやすくなったり外出がしやすくなります。

また、うつ伏せにすると自分で首を持ち上げ、しばらくそのままでいられるようになります。

あまり長時間うつ伏せにすると赤ちゃんが疲れてしまうので程々にしましょう。

 

そして、周りに見えるものにどんどん興味を持ち顔を動かします。

見える所にぬいぐるみを置いたり、音の出るものを置いて興味を引き立てましょう。

まだ首がすわっていない場合はうつ伏せにしてあげて鍛えるのもいいですね。

参考に首が座るように練習している動画を貼っておきます。長さは1分程です。

よかったら見てみてくださいね。

 

まとめ

そろそろ赤ちゃんの世話の中でも特に忙しい時期がピークを過ぎます。

一緒にいられる時間を大切にし、たくさん遊んであげましょう。

乾燥した七福神の葉挿し 七福神_寄せ植え